• ホーム
  • HIV検査とジスロマックと通院について

HIV検査とジスロマックと通院について

病原体

日本には、性感染症にかかって病院に通院している人が少なくないです。
性感染症の種類は様々で、日本人に多いのが性器クラミジア感染症です。
最近は、10代の患者も増えており、社会問題にもなっています。
学校で注意を呼びかけても、親に隠れて性交渉を行う若者は多いです。
しかも、性感染症に対する知識が乏しいことが多いので、性感染症にかかった場合、他の人に感染させてしまうリスクも高いです。

性器クラミジア感染症は、生殖器や泌尿器の粘膜に感染して発症することが多いです。
性器クラミジア感染症は、自覚症状がないことも多く、病気に気付かないまま感染を広めてしまうこともあります。
女性が性器クラミジア感染症にかかった場合、不妊症になることもあるので、注意が必要です。

ジスロマックは、性器クラミジア感染症の治療薬として知られています。
有効成分は、アジスロマイシン水和物です。
アジスロマイシン水和物は、マクロライド系の抗生物質で、アレルギーを起こすことが少ないのも特徴のひとつです。
また、アジスロマイシン水和物がクラミジア菌の増殖を長期にわたって防ぐので、ジスロマックは1度服用するだけで性器クラミジア感染症の治療ができます。
他にも、歯周病やマイコプラズマ肺炎などの感染症治療も可能なので、様々な場面で役に立つ治療薬といえます。

ジスロマックはどこで手に入る?

ジスロマックは通販を利用すれば簡単に手に入れることができる治療薬です。
性器クラミジア感染症はもちろん、様々な感染症に対して有効性を発揮します。
ジスロマックを通販で早い段階のうちにまとめ買いしておけば、重症化する前に感染症の迅速な治療が可能となります。

性感染症の中で、社会問題として一時期大きく取り上げられていたのが、HIV感染症です。
HIVとは、ヒト免疫不全ウイルスのことです。
免疫細胞に感染すると、免疫細胞の中で増殖し、免疫細胞が減り、様々な病気を発症するようになります。
このような状態になると、エイズと診断されます。

他の性感染症にかかっていると、HIVに感染する確率が高くなると言われています。
HIV感染は、HIV検査を受けないと発見することができません。
ですから、HIVに感染している疑いがある場合は、早めにHIV検査を行うことが大事です。

保健所では、無料で検査を受けることができます。
また、匿名で検査を受けることも可能です。

サイト内検索
最近の投稿