• ホーム
  • 咽頭炎の症状にはHIV検査で避妊具を使用し感染予防

咽頭炎の症状にはHIV検査で避妊具を使用し感染予防

HIVウイルスは、インフルエンザのような強い感染力はありませんが、HIV感染者と性的な接触をすると、感染する可能性がとても高く、感染すると咽頭炎になったり、関節が痛くなるなど、風邪のような症状が現れます。
ただ、感染した人の中には、症状が現れない場合もあり、HIVウイルスに感染したかどうかが自分では判断できない場合もあります。
そういった場合には、すぐに検査を受けましょう。

HIV検査を受ける場合、血液を採取して抗体を調べる方法が一般的です。
検査は全国の保健所などで無料で検査を受けることができます。

保健所以外では、医療機関で検査を受けることができますが、多くの場合有料になりますから、事前に確認しておくとよいでしょう。
ただ、注意しないといけないことは、抗体が増えるまでに3ヶ月ほどかかるため、HIVウイルスに移ったと思っても、確実は検査結果を知りたい場合には、移ったと思った日から3ヶ月ほど待った方がよいでしょう。

HIVウイルス感染には、不特定多数の人と性行為をすることや避妊具を使わないで性行為をしたり、同性間の性的接触をした場合などがあります。

保健所で行う検査は、結果がその場でわかるスクリーニング検査や1週間後にわかる通常検査があります。
保健所によって検査法方が違ってくるので、問い合わせをしてみるとよいでしょう。

もしHIVに感染してしまうと、感染初期、無症候期、エイズ発症期の経過をたどります。
感染初期の段階では、HIVは体内でTリンパ球などに感染し、急激に増加するため発熱などの症状がみられることがあります。
無症候期に入ると、HIVは体内で増殖し、免疫に大切な細胞が死滅していくため、日頃かかることがないさまざまな病気にかかりやすくなり、エイズを発症します。
無症候期の段階でHIV感染を知り、定期的な医療機関での治療を行うことで、エイズの発症を防ぐことができます。