• ホーム
  • びらんは入院するまではないが、HIV検査を!

びらんは入院するまではないが、HIV検査を!

びらんは、皮膚がただれた状態を指します。
これがひどくなると、潰瘍となります。
びらんは入院するほど重い症状ではありませんが、HIVに感染すると、びらんが体のどこかに発生することがあります。
しかし、びらんができたからと言って、必ずしもHIVに感染しているというわけではありません。

HIVに感染しても、びらんができないこともあります。
症状の表れ方や症状の有無には個人差があり、それだけでHIVへの感染を判断することはできません。
感染機会があった場合は、できるだけ早くHIV検査を受けることです。
それ以外に、感染の有無を知る方法はありません。

エイズが世の中に知られるようになった30年前は、HIVに感染することは、十数年後に確実に死に至ることを意味していました。
しかし、その後の医学のめざましい進歩により、HIVは致命的な病ではなくなりました。
薬を一生飲み続ければ、普通に暮らして寿命まで生きることができます。
しかし、HIVウィルス自体が弱いものに変質したわけではないので、感染して放置していれば、死に至る病であることに変わりはありません。
HIVウィルスに感染してから免疫不全となり、エイズを発症するまでの期間は、1年から数年という報告も見られるようになり、ウィルスは次第に強力になっているとさえ考えられます。

感染に気づかずにいたら、致命的な事態となります。
エイズを発症するまで感染に気づかなかったという、いきなりエイズです。
この段階になると、普通の生活を送るのが極めて難しくなります。
感染してすぐ、薬を飲み始めてさえいれば、普通に天寿をまっとうできる時代となっているのに、非常に惜しまれることです。
早期発見は、何よりも大事です。